ケータイ小説 野いちご

嘘と微熱と甘い罠

男と女


初めて行った場所にテンションも高かった。

大満足の買い物もできた。

たくさん歩いた。

そして。

相良との距離がいつもと違った。





…キス、されるかと思った。

相良の手が私の口を塞ぐのと、顔が近づいたのがほぼ同時。

一瞬、頭が真っ白になった。

あんな間近に相良の顔なんて、ありえない。

仕事中に同じパソコン覗いてたってあんなに近くならない。





「抱きたい」なんて言ってみたり。

ほっぺにキスしてきたり。

手、繋いだり。

昨日までの同僚の距離感じゃない。

それが何なのか。

見えているようで、見たくないようで。

でもそれは。

私の思い上がりなのかもしれないけど…。





もう、わけわかんない。

でも。

今日の相良は私の知ってる相良とは違う。

同僚の相良じゃない。

私の知らない“男の人”だ。




< 80/ 325 >