ケータイ小説 野いちご

新撰組~幕末に名をはせる者~

第ニ章
渚という人間





部屋の隅で布団にくるまり、泣いた。



声を押し殺して。




『……ッヒック…ウゥ』





暫くして、襖がゆっくりと開いた。




私は振り返らなかった。








この顔を見られたくなくて――――――











< 59/ 383 >