ケータイ小説 野いちご

新撰組~幕末に名をはせる者~

第一章
土方





「んだとぉ!?総司は二人ともと言ったはずだ。よってお前も落ち着け」





『あぁ、知っている』




「じゃあ、てめぇも落ち着け」




『落ち着いているじゃないか』



土方、面白いな。




「では、渚さん土方さんの部屋に行きましょうか。私が案内します」



「おいっ、総司てめっ!!」




そんな、土方を無視して沖田さんは歩き出した。私もそれに着いて行く。







< 32/ 383 >