ケータイ小説 野いちご

新撰組~幕末に名をはせる者~

第一章
まさかの






思わず、前も見ずに見ていると







その男がニヤッと笑った気がした。








その瞬間









――――――――――――キィィィィィィィーー!!!!!!!







< 13/ 383 >