ケータイ小説 野いちご

【短】愛を、このカラダに焼きつけて。

愛を、このカラダに焼きつけて。




「爽介くん。
これ、コピーお願い」



「はい、わかりました!」





私、桐谷真央(きりたに まお)、22歳。



この会社に入って4年目になる。




「爽介~!
終わったらランチ行こー?」



「おう。」




彼、松岡爽介(まつおか そうすけ)くん、19歳。



今年から入った新入社員だ。




「まぁたあの二人ランチの約束してる~!」



「くそー!今日も先越されたぁ~」




そんな爽介くんは



女性社員に大人気な、イケメン。



さらに人懐っこくて可愛らしいと評判。



もちろん私も……興味はある。



でも彼の隣には、いつもあの子がいるから…。







< 1/ 17 >