ケータイ小説 野いちご

真面目くんがネクタイを緩めるとき

作戦なんかじゃないっ!



梶の事が好きなんだって

意識した時から図書室には行ってない。


だって、なんか

恥ずかしいし、緊張するし


教室内の地味な梶にだってドキドキしちゃうし


だけど話したい……し。


恋って不思議な感情だと思う


恥ずかしくって会いたくないのに、会いたくて仕方ない

この矛盾した感情が成り立つなんて。


私は久しぶりに図書室に行く事にした。


ドキドキしながらドアをあけて中に入る

けれど

「あれ、いない。」

梶の姿は図書室のどこにもなかった

< 118/ 343 >