ケータイ小説 野いちご

~* キュート姫とイケメン王子 *~

第2章 シンデレラ
〈 王子様からのキス 〉






────いろいろと練習して………




本番当日がやって来ましたっ!!





────「き、緊張する……っっ」




私達は最後の練習を終え、
今は着替えている最中。



ドレスやタキシードは、
あたしの家から持ってきたもので………



「うわっ……
姫乃その服でも似合うね。」


「……えっ?」



その服って………

このみすぼらしい服のこと?



「なっち、
それって喜んでいいの?」


誉められてる気がしないんだけど…っ





< 52/ 66 >