ケータイ小説 野いちご

幼なじみと一途な恋愛

第3章
近づく距離

side まりあ



私は今、とても上機嫌です!



「燈弥ー、早くー!」



今日は土曜日、私は燈弥とお出かけです!



どうしてこうなったのかというと、新しい携帯を買いに行くのに、燈弥が付き合ってくれることになったから。


本当はお母さんと行く予定だったんだけど、仕事で行けなくなっちゃったんだ。



そしたら、それを知った花音ちゃんが燈弥について行くように命令した。



……半ば脅しだったけど。



「まりあ、あんま離れんなよ」

「はーい」



ちらりと後ろを歩く燈弥を見ると、パーカーのポケットに両手を入れて、面倒くさそうに歩いている。



そんな姿もすっごくカッコイイ。




< 99/ 255 >