ケータイ小説 野いちご

44チャンネル-呪われた都市伝説-

僕等は知ってしまった

6月上旬だというのに7月上旬並みの気温だと朝のニュースで言っていた。
確かに今日は今年一番の暑さを記録したかもしれない、4階に位置するこの教室に入り込んでくる風が人肌のように生暖かく感じる。
そんな風に夏の到来を覚えた。


「……まあ、そういう話があるのよね」


噂話を人一倍好むクラスメートの杉森里美(すぎもりさとみ)が話した都市伝説は44チャンネルという名前らしい。
話の終わりと共に窓からは強めの風が流れ込み、杉森の長い黒髪がサラサラとなびいている。


(都市伝説にしては月並みな名前だな)
そう思いながら俺は大きなあくびをする。


「信じないの?こんな面白い都市伝説を」


「ん?そういうわけじゃないよ、眠いだけだよ。ふああ……」


と、俺はもう一度あくびをする。


下校を知らせるチャイムが3時頃に鳴ってからだいぶ時間は過ぎていた、クラスには俺を含めて4人だけしか残っていない。
夕日の光が教室の机を照らす、それがノスタルジックな光景で切なくも綺麗だった。





< 5/ 328 >