ケータイ小説 野いちご

乙女桜〜誠の武士〜

第一章
奪われた日々


バタバタバタ………ガラッ!

「母様!ただいま戻りました!」

勢いよくかけてきた少女は
花のような笑顔を浮かべて襖を開けた。

漆黒の長い髪を高い位置で結んだ少女
━━━━和泉 陽凪 (イズミ ヒナ)

「陽凪、おかえり」

そう言って笑顔をむけるのは、
陽凪が大好きな母だ。

陽凪が母と仲良く談笑していると、
廊下から誰かが駆けてくる音がした。

ダッダッダッダッダッ………ガラッ!

「ひ、陽凪様、
急に駆け出さないで下さいっ!
心配したじゃないですかっ!」

肩で息をしながらやってきたのは、
陽凪の世話係の上川だ。

「上川が遅いからでしょ?」

「すみませんね…上川。
陽凪が手のかかる子で。」

「め、めっそうもございませんっ!
陽凪様のお世話ができて、
とてもうれしいですからっ!」


< 1/ 95 >