ケータイ小説 野いちご

《短編》春夏秋冬




期待と不安で胸いっぱいの、春。



高校に入学して、早1ヶ月。

バスで30分という微妙な距離にある、普通レベルの学校だ。



友達はすぐにできた。

特にこれといったことがあるわけでもないけれど、でも私の高校生活は順風満帆であると言えるだろう。


そんな自分の現状に満足しながら、教室の窓からぼうっと校庭を眺めていた時、



「晴香ー!」


呼ばれて、顔を向ける。



「数学の宿題見せてー」


猫なで声で言う晃(あきら)。


晃と私は家が隣同士で、どういう腐れ縁の果てなのか、同じ高校で、さらにはクラスまで一緒になってしまった。

だけど、入学当初の私には、これほど頼りになる人はいなくて、だからすぐに学校生活にも馴染めたのだと思う。



「数学? いいよ。幼馴染割引で5万にしといてあげる」

「鬼のようなやつだなぁ」

「っていうか、やってない晃が悪いんじゃん。嫌なら美冬に頼みなよ」


私の言葉に、晃は口を尖らせる。



「美冬なら、さっき頼んだよ。そしたら、『10万円ね』って言われたし。お前らはひどいよ」


ぐちぐち言う晃の頭を、教科書で叩く美冬。



「聞こえてんですけどー。誰が『ひどい』って?」

「顔怖ぇよ。そして痛ぇよ。ってことで、慰謝料代わりに数学の宿題を」

「馬鹿じゃないの」


一刀両断。

私は思わず「ぶはっ」と笑ってしまった。

< 1/ 69 >