ケータイ小説 野いちご

黒ふわ王子の愛し方

祥悟くんのさくちゃん。
3.






とりあえず席に案内してもらい、休憩をとったアリスちゃんが向かいに座る。





「……なんで来たん?俺、来ないでって言わんかった?」




ぷくっと頬を膨らませて言うけど…恐くない。むしろ可愛い!



だって、上目遣いで睨んでるのとか、女の子の格好でやられたら…もうアウトだよ――!





「ごめん、来たかったんだもん。でも祥悟くんのその姿見れて良かった。」





「なんで?」




「だって…私が彼女なのに、他の女の子だけ祥悟くんのそんな可愛い姿見るなんてヤダもん。」






そう言うと、機嫌が少し直ったみたいで。




祥悟くんはチョコケーキ、私は*アリスのフワフワろーるけーき*を注文。






「この名前祥悟くんが考えたの?」




「ちゃうよ、まさか。な、さくちゃん。このあとバンドの時間まであるから、一緒にまわらへん?」




「いいよ!どこ行くー?」





やった♪思いがけずデート!







< 7/ 20 >