ケータイ小説 野いちご

俺様社長は左手で愛を囁く

2.冬美の過去
翔side

社に戻ったオレは、

なかなか仕事が手に付かなかった。

・・・

冬美の過去にそんな事があったとは。

だからなのか・・・

今まで彼氏も全然作らず、

男を寄せ付けなかったのは。

・・・

ただでさえ高嶺の花なのに、

彼女の心の闇は、

相当深いものだ…

それを聞いて、ちょっと戸惑った。

自分の気持ちは本物だ。

それを聞いたところで、

嫌いになるどころか、

その一途さに、増々好きが大きくなった。

・・・

ただ、

そんな彼女の闇を、

心の氷を・・・

溶かしてやることができるか…

少し不安だった。

・・・

それでも、

前に進むしかない。

彼女を自分のモノにしたい気持ちに、

変わりはないのだから。

< 37/ 265 >