ケータイ小説 野いちご

嵐を呼ぶ姫 ~最強女は天然美少女?~

-弐-
護衛部隊はまさかの○○○!?



-雷都side-

「よろしくお願いします…


って!


全然よくねぇよぉおぉおおおぉおぉおぉ!」


なんか、成り行きでなってしまった…



晴紀、大丈夫か?


隣では伶さんと妃芽と呼ばれた奴が痴話喧嘩してる。


「なんでよ!勝手に決めんな!」

「お前に拒否権はないんだよ!」


とりあえず、みんなに聞いてみっか…!


俺は晴紀に電話をかける


『もっしもーし!雷都から電話なんて珍しいね♪どーしたの?』


「あぁ、あのさ?

晴紀…成り行きで今日のあの女

守ることになっちゃったんだけど、大丈夫か?」


晴紀が嫌だってんなら伶さんには悪いが断るしかねぇな


『え?雷都心配してくれたの?大丈夫なのに!僕は大丈夫だから、その子倉庫連れてきなよ♪』


「晴紀、ホントに大丈夫か?」


無理したら晴紀がダメんなっちまう


『うん、そろそろ克服しなきゃって僕も思ってたから、いい機会だし僕頑張るよ!』


「わかった…。今から連れてくから、みんなにも伝えてくれ」


『りょうかーい♪待ってるね♪』


ホントに、大丈夫なんだろーか?









< 53/ 402 >