ケータイ小説 野いちご

冷たい王子は私の彼氏

あなたの正体
冷たい王子5



私は、横田くんの背中を見つめながら



『大好き…。』





と、呟いた。




もちろん、聞こえないくらい小さな声で。









< 105/ 334 >