ケータイ小説 野いちご

【続】意地悪なご主人様

3.意地悪上司と2泊3日
巧side

・・・・

せっかくの日曜。

でも、夏樹は出張・・・

一人で家にいてもつまらない。

・・・

そこでオレは会社に向かい、

仕事をすることに…

さほど急ぎの仕事でもなかったが、

明日が楽になるからいいか・・・

そんな思いで、仕事を始めた。

・・・

数時間が経過し、

時計に目をやると、正午を少し回ったところ。

・・・

昼食をとりに行こうと席を立った。

・・・

その時鳴り始めた携帯。

着信は夏樹からだった。

「もしもし、どうした?」

『…あのですね』

・・・

その先を話そうとしない夏樹。

「どうした、仕事でトラブッたか?」

『・・そう、そうです!

仕事でトラブッたんです』


「帰りが遅くなりそうか?」

『…もう一泊伸びそうです』

< 50/ 213 >