ケータイ小説 野いちご

【完】素直になれよ。

▶第2章
「胸騒ぎ」…結斗side







遡ること二時間前。



俺と久留米は昨日仕事をさぼったペナルティーとして

プール掃除をさせられていた。



それにしてもやっぱり



「腹黒、変態、バーカ!」



この女、気に食わねぇー…




苛めてやろうと、じりじり久留米に近づく。



冷静な顔してるつもりだろうけど、肩はビクビク上下しているし


顔も引きつっている。



ほんとに男慣れしてねんだな…。



おもしれー……。




< 57/ 397 >