ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

僕は何度でも、きみに初めての恋をする。

─Ⅲ─ Delphinium



ハナとのデートは、とてもじゃないけどデートなんて呼べるようなものじゃなかった。

たぶん、今どき幼稚園児だってもっとムードのあるデートをしているはずだ。

なんと言ってもただ、街を歩くだけ。

おまけにお洒落な商店街が売りのこの駅前において、なぜだかハナはその反対の、古い住宅街のほうへと向かって行くから、余計にデートなんていう雰囲気じゃなくなっていくんだ。

緩い坂道をくねくね曲がりながら、上へ上へ。立ち寄るのはもちろんアパレルショップなんかじゃなく、小さな公園やボロい神社。


ハナは、そこで見つけた野の花とか、虫とか、鳥とかを気まぐれに写真に撮ったり、たまたま出会った人たちと、まるで旧知の仲みたいに楽しげに喋ったりしていた。

わたしはそんなハナを、少し離れたとこから見ているばかりで。時々、溜め息を吐いては、知らない空を眺めたりした。


カラッとした風が吹く。

流れた髪を掴んだところで、声が、聞こえた。


「セイちゃん!」


嫌な予感がした。この、ちょっと声を張り上げた、嬉々とした呼び方。

ハナは、カメラを抱えながら、民家に挟まれた狭い道路の真ん中で、もっと狭い脇に逸れる小路のほうを向いていた。

ビッと指差した先。わたしには見えていないけど、何があるかなんてもう想像はつく。


「追いかけようセイちゃん!」

「またあ!?」


ちょっと待ってよ。なんて言う暇もなくハナは小路へと姿を消した。

そうするともうどうしようもなく、わたしは畳んだ傘を振り回しながら、駆けていくハナの背中を必死に追いかけるしかない。


ああ、これで何度目だろう。

ハナが野良猫を追いかけて、突然走り始めるの。

< 42/ 222 >