ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

僕は何度でも、きみに初めての恋をする。

─Ⅷ─ タマノヲ




まるで、この世のものじゃないみたいだった。


小さな瞳で見上げた、満天の夜空。


毎日家のベランダから見ていた夜とはまったく違った。


キラキラと光るいくつもの光。


手を伸ばせば掴めそうで、必死で背伸びをしてみた。


だけど届かなかった。


あんなに近くにありそうなのに、その光は、ずっと遠くにあるみたいだった。


でも、側に、感じていた。


小さな。綺麗な。


夜空に輝く、真っ白な星。


わたしと同じ名前の、暗闇を照らす、かすかな、光。



今はまだ届きもしないそれに、自分もいつかなれるだろうか。


幼い心でそう思った。


真っ暗闇の中、ひとり俯く人へ。


世界を照らす、小さな光を。


見上げれば必ずあるんだと。世界は暗闇じゃないんだと。


あなたはひとりじゃないんだと。


伝えられる人に、いつかわたしも──




< 163/ 222 >