ケータイ小説 野いちご

Light of hope Ⅰ【完】

夏休み
豪邸





「………ここ?」



「そうだよ。最初はびっくりするよね」



病院から蓮の家に着いたのだが、目の前には豪邸がそびえ立っている。



……高校生にしてはお金を持ってるから、それなりのお金持ちだとは思ってたけど……まさかここまでとは…。



「蓮ってお坊ちゃんだったんだ」



ポツリと漏れた本音に、蓮を除いた皆が吹き出した。



「お、お坊ちゃんって」



「確かに坊ちゃんだけど……っーーさ、流石由美ちゃん」



「……や、やべっ腹いてぇ」



そんな皆の反応に蓮は舌打ちをし、殺気を出して睨みつけていた。



「……笑いすぎ。真面目な本音なのに…」



「尚更タチが悪ぃ……俺はお坊ちゃんじゃねぇ」



そう言いながら睨まれたので、軽く肩を竦めて見せる。





< 432/ 520 >