ケータイ小説 野いちご

君色

嵐の予感


付き合いはじめた先輩と私。
もう初デートから1ヶ月になろうとしていた。


大抵昼休みや放課後は
先輩と2人か冬李先輩、明先輩との4人で過ごす。

毎日が充実していた。



いつものように
学校にいって教室に入った。

私の机に何かが書いてあった。

『ブスがでしゃばってんじゃねーよ!!別れろ!』

「な…に……これ?」

先輩は元から人気のある先輩だった…でもこんな…!

私は教室を抜け出し屋上へ向かった。

先輩はいつも授業をさぼって屋上にいる。


先輩に会いたくて会いたくて仕方なかった。



拓斗先輩っ!__________

< 15/ 27 >