ケータイ小説 野いちご

真夜中のハニーミルク

あのときの記憶

その日を境に、ウソみたいにぐっすり眠れるようになった。

大人になった今では、そのときの記憶はぼんやりとしか残ってない。

辛かったときの記憶は抜け落ちた。


「柚希、ごめん!テーブルの上にUSB置いてない?」


今日は学会に行ったはずの律からの電話。

見れば、ポツンと取り残されたUSBメモリが寂しそうに置かれている。


「もぉ~…あれだけ忘れ物ない?って言ったのにぃ~…」

「ごめんって!至急持ってきてくれない?」

「えぇ~!?」


< 18/ 24 >