ケータイ小説 野いちご

恋愛レッスン~部下の甘い囁き~

2.lesson 2
圭吾と××・・・

今日も仕事は午前様。

やっと仕事を終えた私は、

大きく背伸び。

・・・

仕事も大詰め・・・

もう少しがんばったら、

後は楽できる。

・・・

パソコンの電源を落とし、

鞄を持った私は、

席を立った。


「まだ仕事してたのか?」

「鮫島さんこそ」


お互い顔を見合わせて、

クスッと笑いあう。


「電車もないだろうし、

送ってやるよ」


「い、イイですよ、

タクシーで帰りますから」


「たまには甘えなさい」

そう言って優しく微笑んだ圭吾。

あんまり優しい笑顔だったから、

素直に聞くことにした。

< 36/ 184 >