ケータイ小説 野いちご

*Diary*

青春の1ページ



パタンっ



気づけば辺りはもう日が沈んでいた


2人の少女たちは
半ば食い入るように読んでいたのだ


[日記]を閉じると


「ねぇ。これどう思う?」

1人の少女が口を開いた


「どう、って」

「これさ、多分先輩が書いたんだよね
 受験生ってさ、勉強ばっかだと思ったけど
 いろんなことが最後で、卒業したら
 みんなと離れ離れになるんだよね」

「そうだね
 私たちもたくさん思い出、作りたいね
 悔いのないように」


「うん!!」


2人の少女たちは
暗がりの中で顔を見合わせ笑っていた


明日の光に満ち溢れた、まぶしい笑顔で




< 308/ 312 >