ケータイ小説 野いちご

*Diary*

日記、それは
2月


2月1日(金)


今日はー(ノ´▽`)ノ
給食でー(ノ´▽`)ノ
豆が出たよー(ノ´▽`)ノ


きっとあれでしょ、
3日の節分の日は休みだから出たんだよね。


それを見た史杜クンらは
節分、鬼の話をすることに(゜∀゜)


「鬼ってさ、豆で逃げるんだろ?」

「そう考えると弱くね?」

「じゃああの金棒は?」


「護身用じゃね?」



「俺、ちょっと鬼のこと
 見損なったわー」




< 221/ 312 >