ケータイ小説 野いちご

罰恋。

偽り**




「美羽、帰ろうぜ」



「…あ、うんっ」



宮澤と付き合い始めて一週間。


宮澤は私の事を美羽と呼ぶようになったり、

一緒に帰ったり、
その帰りにちょっとデートする事になったり、
て、手を繋ぐようになったり…


カレカノっぽい事をする事になった。




< 17/ 59 >