ケータイ小説 野いちご

君に夢中で恋してる*

*3rd Romance
二人きりのランチ


週明けの月曜日。


かなり早起きをして作ったのは、二人分のお弁当。


一つは私の分、そしてもう一つは…日向君の分だ。


男の子にお弁当を作ったの…初めて。


私のお弁当よりも量を多めにして作ったんだけど、足りるかな…。


そんなことを思いながら、家庭科室の隣の空き教室にやって来た私。


窓際の机に二人分のお弁当を置いた。


あとは、日向君が来てくれるのを待つだけ…。


「……………。」


あっ、でも……日向君って今日はココに来るのかな?


考えてみれば、今日のお昼休みから、早速来てくれるとは限らないよね…。


日向君…“今度は”って言ってただけだし…。


はぁ…。


私ってば、日向君から手作りのお弁当を食べたい…って言ってもらえたことが嬉しくて、そんなこと…全然気付かなかったよ…。


二つのお弁当を見ながら、ガクッと肩を落とした。





< 73/ 305 >