ケータイ小説 野いちご

君に夢中で恋してる*

*4th Romance
確信した恋[side夏綺]


「ひゅ、日向君…。」


「えっと、椎名…だよな?」


「う、うん…。」


夏休み真っ盛りのある日。


市立図書館で、クラスの男子数人と一緒に、夏休みの課題をやっていた俺。


もうすぐお昼になる、というタイミングで勉強会は終了して適当に解散。


家に帰るべく図書館を出た俺だけど…


駅へと向かう途中、前方不注意でぶつかってしまった相手は…椎名。


まさか、こんなところで会うなんて…。


正直、思ってもみなかった。


今度会えるのは、花火大会の時だろう…と思っていたから。


偶然の出会いに驚きつつも、嬉しい…と感じる俺がいて。


自然と気持ちが浮上していくのが分かった。




< 164/ 305 >