ケータイ小説 野いちご

俺にしとけよ。

第3章♥
志眞 side



俺が、俳優になったのは3年前。

宇治原がくれた広告を見て、
オーディションを受けた。

「君、格好いいねぇ。モテるでしょ?」
「…まぁ」
「クールな所もいいねぇ」
「ありがとうございます」

という感じで、うまいこと合格。

< 41/ 333 >