ケータイ小説 野いちご

たった一試合、君と私の甲子園

勇気をくれたリストバンド

そして夏の大会が始まった・・・


朝から会場は満席だった。


お目当てはもちろん
双葉学園、柴原紗奈だ。


会場はものすごい熱気に包まれていた。



そんな中で始まった夏の大会、
私たちは初戦を危なげなく勝ち
二回戦へと駒を進めた。


そして二回戦の相手はやっぱり、
去年ベスト8の沼野高校が勝ち上がって来た。



沼野高校・・・
去年ベスト8、優勝候補の一角・・・
すごい相手だけど、
負けるわけにはいかない。


絶対勝つ、絶対勝つ・・・


自然と体に熱いものが込み上げてくる。




< 76/ 222 >