ケータイ小説 野いちご

アンジュエールの道標

第1話
夢の後片付け


「とりあえず、失恋した相手から聞いてもいい?」

「えっ?――な、なんで!?」


驚く私に永久さんはケロッとした顔で、それこそ「どうして?」なんて頭を傾ける。

いや、普通人の失恋話なんて聞かないでしょう? そっとしておくものでしょう?


「それ、本当に人だった?」

「……はい?」

「その相手、人間?」

「……だと、思うけど。だって先輩だし、前から学校に居るし」


改めてそう言われると確信が持てない。

だって、目の前には白夜さんがいるから。といっても猫の姿だけど。


「で、失恋って告白して断られたの?」

「……違う、けど」


そこまでの勇気は私には無い。

だた遠くから見つめるだけで、廊下ですれ違うたびに勝手にドキドキしてるだけ。


「なら、なんで失恋?」


< 64/ 200 >