ケータイ小説 野いちご

【New】スイートな恋をめしあがれ♡

~Sweet*one~
まさか生徒会長だったとは



「はあぁぁぁ〜……」



翌日のお昼休み。



あたしは今まででいちばん深いため息をついた。



「暗っ!乃愛、今日何回ため息つくの?」



教室で明菜といつものようにお昼ごはんを食べていると、そうツッコまれた。



「だって……」



「だって、なに?」



「だって今日、生徒会室行かなくちゃなんだもん」



午後の授業が終わらないで欲しい、なんて思ったの初めてだよ……。



そしてあたしはまた深いため息をついた。



「生徒会室?なんで乃愛が生徒会室に行くの?」



明菜は首をかしげて不思議な顔をする。



当たり前だよね。



あたしは生徒会に入っているわけでもないし。




< 23/ 352 >