ケータイ小説 野いちご

忘れてしまった恋

忘れてしまった恋


私は、貴方の事を思い出せない。




何も…






思い出したくないのかもしれない。



彼の存在を否定する自分がいる。




< 1/ 18 >