ケータイ小説 野いちご

俺の姫様 Ⅱ

君が好き。
嵐は突然に。

《月夜side》


11月中旬。
夏の暑さはいつの間にかすっかりと無くなり、季節は冬へと移り変わってきた。


あれから、別に言わなくてもいいって言ったのに、

「いや!姫梨の話だけ聞いたら、完全に俺最低なヤツになっちまうから聞いて!ってか聞け!」

って、翔があまりにも話したそうにしてるから、「誤解があっただけなんじゃねーのかよ。」と言いつつ聞いてやった。


それと、姫梨のことを忘れるために女遊びをしてたらしく、最近は少し落ち着いてきた。

しまいには、「金髪もやめよっかな?」とまで言い出す始末。


「似合ってはいるけど、医者の息子が金髪はダメだろうな。」


…本音を言った俺がバカだった。





< 25/ 33 >