ケータイ小説 野いちご

俺の姫様 Ⅱ

君が好き。




―――――……



「ねぇ、お父様?私、心の底から月夜くんのことが好きなの。でも彼は、全然振り向いてくださらなくて…。」

「月夜くんというのは…桜崎月夜くんか?」

「えぇ。どうしたらいいのかしら?私、もうわからないわ…。」

「そうか、可哀想に。…よし、お父さんがなんとかしよう!」

「本当!?お父様っ!」

「あぁ、任せなさい。必ず、月夜くんと君を婚約させよう。」

「まぁ、素敵っ!ありがとう、お父様。」

「はっはっは!私はいつでも紗菜の味方だよ。」



――――――――
――――――
――…


< 24/ 33 >