ケータイ小説 野いちご

あたし様の恋事情【完】

別れ
嵐の前触れ

「うーん」



さっきからあたしは唸り声をあげている。



その横で呆れている、モッテモテ女、菜月。



「うるさいんだけど」




< 60/ 224 >