ケータイ小説 野いちご

この想いに気づくまで

序章

 
 今思えばあいつと出会えたことは

 奇跡に近かったんだ


 人を打ちのめし、傷つけ、絶望を味わせるために

 ひたすら拳を振っていた俺と

 強く抱き締めれば壊れてしまいそうな身体を張って

 周りのいろんな思いが満ちた視線と

 日に日に大きくなる不安と

 そして……気を緩めればもろく崩れそうな

 疲れ切った自分自身と

 毎日、闘っていたあいつと出会ったのは






 あいつと出会えたから、分かったこともあるんだ

 今、ここで生きているという奇跡

 仲間に毎日会えるという奇跡

 何不自由なく暮らしていけるという奇跡

 それと

 そんな奇跡に気づかないで

 今まで生きてこれたという幸せな奇跡に







 だから、

 どうか泣かないで

 そして

 どうか、笑って……

 
 

 

 

 

< 1/ 4 >