ケータイ小説 野いちご

【短】泳いでね、スー ②〜まだ終わらぬ震災の中で〜

●あとがき



最後までお読み頂きまして、有難うございました。

前回のスーが被害の描写でしたので、1年を前にボランティア等の現地の話を書いてみたいな…って思っていました。

現地の学校の合唱部がコンクール出場を諦めて…、その後避難所などを巡って勇気つけた話とか…。

足湯活動に加わった現地の女子大生の話とか…。


でも、最終的には、離れていても出来る事があるという事に、目を向けてみました。

作品で紹介したのは、本当にごく僅かな事で、実際には沢山の方が素晴らしい活動をなされました。

あっては欲しくない今度の時に、自分が出来る事を探すヒントになるな〜と思って頂けたら幸いです。




< 45/ 46 >