ケータイ小説 野いちご

【短】泳いでね、スー ②〜まだ終わらぬ震災の中で〜

○何が出来るか
1話 出会い



そんな理由で、僕は久し振りにこの港へ来た。

そう、元気君と遊んだ場所だ。



でも…。

港はまだ崩れていて、元気君と遊んだあの時の面影は残っていない…。

元気君達の命を奪った、あの“津波”が壊したままなんだ…。




< 4/ 46 >