ケータイ小説 野いちご

天使がくれたもの(全編公開にします)

第2章:一匹狼の素顔
意識

ある日、学校帰りに美衣子と2人で、舞はたまり場を訪れた。

・・・見渡すと、またアイツの姿が見当たらない。


「カグは? またおらんの?」

「・・・あぁ、アイツ・・・今大変っぽいから」


キョロキョロと、周りを眺めながら問いかける舞に、テルオは眉をひそめて答える。


「大変って?」


言っていることの意味が理解できず、舞は理由を聞き返そうとした。

その瞬間、バタン!! と玄関のほうから、大きな音がした。

振り返ると、コンビニの袋を持った・・・機嫌が悪そうな表情の彼。

< 49/ 227 >