ケータイ小説 野いちご

天使がくれたもの(全編公開にします)

第3章:距離
裏切り

カグが白浜に行ってから、もう1週間になる。

・・・なんの音沙汰もなく過ぎていく毎日。

舞から何度か連絡したが、忙しいのか・・・声を聞くことはできなかった。



・・・ミーン・・・ミーンミーン・・・。

暑苦しいセミの声が、よけい気持ちを重たくさせる。


「もう暑苦しいなぁ、あんたは・・・毎日毎日っ。友達おらんのか!」


寝そべる舞のお尻を、掃除機で吸いつける母親。

< 103/ 227 >