ケータイ小説 野いちご

俺だけの姫ちゃん☆

第2章
☆告白☆~健sid~



おいおい!やばいんじゃないの??

俺は迷わず教室のドアを開けた…

「せ…きの…君」

「あ?…関野!」  

桜川の声は泣きそうだった。


「テメェ…俺の女に何してんの?」

そして桜川を抱き寄せた。

< 28/ 29 >