ケータイ小説 野いちご

医者のあり方【BL】

不安だらけの初恋



美勇の風邪が治ってから二週間たった。

風邪が治ろうと俺があいつに手を出すことは無かったし、
あいつは段々と俺に甘えてくれるようにもなってきた。

でも…………




「水無月先生!」


「…あぁ神前くん。
何かありましたか?」


「はい。えっと―…」




やはり病院では院長と研修生と言う立場だから2人でゆっくりする暇もない。



(癒しがほしい…
あいつにキスしたい…

……触れていたい…。)





欲求が大きくなるばかりで疲れもとれない。


俺としたことが少し心が折れかけている。





「……はぁ…」


「ため息つくと幸せ逃げんだぞ~?」


「えっ…!?あっ…
佐伯先生…?」




自動販売機でコーヒーを買って、椅子に腰掛けていると横にドサッと佐伯が座る。












< 91/ 100 >