ケータイ小説 野いちご

貴方と貴女と私

待ち合わせ

ジリリリ…。



「んっ…!!」



久しぶりに見た。あの夢。
もう過ぎたことなのに…。


♪~


携帯が鳴り響いた。
ディスプレイを見たら「沙夜」だった。



「もしもし…。なに?」


『蓮華!!今日コンパやるんだけど人数1人足りないの!!』


「うん。だから?」


『蓮華!!お願い!!なんか、奢るから来て!?』


「んじゃあ、高いやつ奢ってもらうからね?」


『ありがとう♪蓮華大好き!!じゃ、草木駅で、待ってるから!!早く来てね!!』



ツーツー。



「たく、コンパなんてしなくてもあの子モテるのに。」



そんなこんなで、用意をして草木駅に向かった。

< 2/ 7 >