ケータイ小説 野いちご

嘘偽りの愛しい体温-Ⅱ-

六、裏切りの代償



私の裏切りが発覚してから一週間が経った。あの夜以降、蓮也からの連絡はない


当たり前だよね…連絡なんて、したくないよね。自然消滅になっちゃうんだろうな…


蓮也の事…本当に大好きだった


あれから、男から連絡があり今から会って動画を削除して貰う事になってる


本当に削除してくれるかわからないけど、話しはしてみる


動画をネット上にばら蒔かれ様が…蓮也に知られてしまった以上辛い事なんてないんだけどね…


男と待ち合わせしてるホテルへと向かった。




< 89/ 308 >