ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ダメ男依存症候群 ~俺は彼女に中毒症状~

彼女の部屋で


 ナツが晩飯の材料を買うと言って、俺達はナツの家の近くのスーパーに寄った。


「旬、何食べたい?」

 買い物カゴを持って俺に尋ねるその姿は、まるで新妻で、物凄く可愛い。


 いいなぁ。新妻かぁ……


「旬?」


「え? ああ、何でもない。てか、カゴ持つよ」

 ナツの声で、俺は妄想の世界から返ってくる。

 そしてナツの持つカゴに手を伸ばした。


「いいよ。そんなに買わないだろうから大丈夫」


「でも、彼女に荷物持たせて歩くわけにもいかねえもん。俺が持つよ」

 男として、彼氏として、ちょっといいとこを見せようと思って、俺は言った。


「……じゃあ、ありがとう」

 少し照れくさそうにナツは言って、俺にカゴを渡してくれた。


「それじゃあ、何食べたい?」

 改めて、という風にナツは言った。


「俺が決めていいの?」


「うん。だって、旬の卒業祝いだし」


 そんな名目があったのか…


 俺は単に、初めてナツの家に行けるのと泊まれるのと、それぐらいしか考えてなかった。


 でも、それなら、初めてナツの手料理も食べれるわけだ。


 俺のための料理かぁ…

 いいなぁ、この響き……


「じゃあ、肉食べたい」


 ナツの手作りなら何でもいい。でも今は、腹が減ってるから、がっつり食いたい。


「肉? 何の?」


「それは何でもいいよ」


「……んー。じゃあ先に肉のところに行こう。時間ちょっと遅いから、なくなっちゃうかも」

 キビキビと動いて、ナツは俺を肉のコーナーへと連れて行った。


< 88/ 192 >