ケータイ小説 野いちご

ダメ男依存症候群 ~俺は彼女に中毒症状~

卒業の日


「沖田。お前、本当にそれでいいのか?」

 俺の目の前で、深刻な顔をしている担任。いや、正確には元担任。


「はい。俺的には特に問題ないです。ていうか、むしろこうじゃないと嫌なんで」

 元担任の深刻な顔とは逆に、俺はいつもの調子でそう答える。


「だがなぁ、やっぱり専門学校に行った方がいいんじゃないか? 今ならまだ間に合うし……」


 今日は、高校の卒業式の日だ。

 といっても、式は一時間前に終わって、最後のHRもあっという間に済んだ。

 他の奴らは解放感に浸っているのに、俺だけ呼び出しをくらってしまった。もう卒業したってのに。


 呼び出されたのは、進路の話で、だ。


 昨日、卒業式の事前指導で久々に学校に行った俺は、担任に専門学校には行かないで働くということを口で伝えた。


 その時の焦りようといったらむしろ笑えるぐらいで、放課後に残れと言われたのを、俺は面倒臭くて忘れてしまい、帰ってしまった。

 だから今日、終わるなり職員室に連行されたというわけだ。



「だいたい、ご両親とはちゃんと話し合ったのか?」


「はい」


「……何も言われなかったのか?」


「はい」


 元担任は、物凄く顔をしかめている。


 でも一応嘘じゃない。

 専門学校に行かないっていうのは伝えたし、渋々って感じだったけど、了承はしてくれた。だから問題ないはずだ。


「沖田。どうして今更進路変更なんだ」

 元担任は真剣な顔になった。


「どうしてって……まぁ、今って就職厳しいじゃないっすか。専門行って、資格取ってもそんなに変わんないし。だからもう今のうちから働く方が得策かなーって思って」

 俺は思い付いたことを適当に並べてそれっぽく言った。


 何でって言われても、ナツと見合うような男になりたいから。それだけしかない。


「沖田。そう言うってことは、就職になんか当てでもあるのか?」


「え、ないっすよ。だから言ったじゃないですか。今、就職厳しいって。そんな中で当てなんてあるわけないでしょ」

 速攻ではっきりそう言うと、担任の顔が引きつった。

 マズいこと言ったみたいだ。


< 81/ 192 >