ケータイ小説 野いちご

魔性の女? 受付嬢・小出めぐみの秘密

第2章・憧れの受付嬢と
美咲と別れろって?

 恋人の話題もそこそこに、江崎先輩は本題に入った。

 話しって言うのは、小出めぐみの事だ。

「藤瀬は…、受付のあのコをどう思っている?」

「どう思っているって?」

「真面目だとか…」

「そうですね、すっごく真面目ですよねぇ。同じ会社の人間として、好感度抜群だし」

「じゃあ、1人の女としては?」

「1人の女として?」

「うん、女として」

「結構、キレイだし…、笑顔がサイコーかな?」

「笑顔が最高」

「あの笑顔を見せられると、こっちが癒される気分になりますから」

「そう言ったところが、男としてたまらないんだ?」

「そうですねぇ」

「小出さんって、藤瀬の好み?」

「あのコが? んまぁ…」

 返答に迷う俺の顔色を見て、江崎先輩は突っ込んだ質問をして来た。


< 34/ 275 >