ケータイ小説 野いちご

ハルマキ

はじめに
 雪紫と時雨

 

 私は、この世界の主要登場人物の中では初めの頃に創られました。

 私のこの姿は、創って下さったプログラマーの雪紫(ユキシ)さんが、


「今時のカカシはお洒落過ぎる、昔の素朴な感じが好き、云々かんぬんほにゃらら……」


 と、そんな感じで今の私をデザインして下さいました。


 麦藁帽子にへのへのもへじで顔を描いた綿の詰まったまあるい頭。

 使い古した誰かの古着と穴のあいた軍手。

 画面上で見たら大体の形が把握できるくらいですし、それにどこからどう見たってドットに変わりありませんからね。


 それでも、私はこの姿をとても気に入っています。

 

< 2/ 27 >