ケータイ小説 野いちご

地味子が地味子である理由

1章
出会い






そして学校の前まで来た





私が通う羽倉崎学園はどこかの金持ちの御子息と令嬢が通う学校




レベルも高く入るのは困難





まぁ私は普通の学校に行きたかったんだけど父様がうるさくて…



結局私が折れた








< 9/ 502 >